Home

TRASH

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IETester:IE5.5・IE6・IE7・IE8の確認が同時にできるツール

IETester
20080328_1.png

このツールを使うと、IE5.5・IE6・IE7・IE8beta1でWebサイトの確認をすることができる便利なツール。見た目の画面は、Office2007にそっくり。上記画像か上記サイトからサンプルで見れる。しかも、タブにより、1画面でまとめて見ることができるので、バージョンごとの違いなどを即座に確認することが可能。

バージョンはまだ初期段階なので、バグは多少あり。良く落ちるわ、戻る・次へボタンがたまに効かないときがある。これらバグが修正されれば、結構活用できると思う。次期バージョンで修正されるらしいです。もちろん無料。

自分は基本Firefoxを利用していて、IE(特に6.02!)との相性が悪いせいか・・起動して80%の確率で落ちます。ただし、WindowsXP/IE6.0の環境でインストールすると、IE7・IE8beta1が選択できないのが残念。

Webサイト管理の手間が省けると思うのでトライしてみては?

Multiple Versions of IE:複数バージョンのIEを一括ダウンロード

Install multiple versions of IE on your PC

上記サイトで以下バージョンのIEを一括ダウンロードできる。
IE3・IE4.01・IE5・IE5.5・IE6

通常、新しいバージョンに上書きされるため、異なるバージョンのIEはインストール不可能だが、Standalone版での配布となるので複数バージョンをまとめてインストールすることができる。

しかし、昔のIEではjavascriptなどが動作保証されていなかったり対応されていないバージョンもあるため、正常に表示されないサイトもあるのでそこまで必要とされないかも知れない。特にバージョン3や4辺りは、css関連も表示されない。

Internet Explorer 7 running side

現状で必要とされるとしたら、IE6とIE7を共存させて自分のサイトや様々なサイトのレイアウト確認をするくらいか。ちなみにIE7のStandalone版は上記サイトからダウンロードできる。サイト管理者にはオススメかと思われる。

ショートカットキー(InternetExplorer)

internetexplorerこの記事では、InternetExplorer上で利用できる最低限覚えておくと便利なショートカットキーを説明したいと思います。ただし、ここに記載しているショートカットキーは、あくまでも最低限必須のキーとして挙げているので、他にもまだまだあります。念のためですが前提条件として、このショートカットキーは、OSを Windows上の有効なキーとしています。

ボタンひとつで行うショートカット
Enter 選択したリンク先に移動
BackSpace 前のページに移動
F4 以前入力したアドレスの一覧を表示
F5 現在の Webページを更新
Home ページの先頭に移動
End ページの末尾に移動
Tab カーソルで選択された次の項目に移動
PageUp ページの先頭に向かってスクロール
PageDown ページの末尾に向かってスクロール
Esc ページのダウンロードを中止

Ctrlキーと組み合わせて使うショートカット
Ctrl+C 選択した項目をコピー
Ctrl+V 選択した位置へコピーした内容を挿入
Ctrl+X 選択した項目を切り取ってコピー
Ctrl+A 現在の Webページのすべての項目を選択
Ctrl+R 現在の Webページを更新
Ctrl+D 現在のページをお気に入りに追加
Ctrl+F 現在のページで検索を実施
Ctrl+I お気に入りバーを表示
Ctrl+H 履歴バーを表示
Ctrl+S 現在のページを保存

Altキーと組み合わせて使うショートカット
Alt+Home 設定してあるホームページに移動
Alt+→(右ボタン) 次のページに移動
Alt+←(左ボタン) 前のページに移動
Alt+D アドレスバーの文字列を選択

参考 URL:InternetExplorer 6のショートカットキー
やはり、覚えていくコツをしては、実際にご自身で使ってみて効果を確認していくことが一番だと思います。

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Feeds

↑Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。